スキンケア

目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

目の周りは顔のほかの部分と比べとても乾燥しやすい部分です。

そこで様々なケアをして保湿をしていると思いますが、中には目の周りの乾燥にワセリンを塗っている方も多いのではないでしょうか。

しかしでワセリンを目の周りに塗って保湿する事は少し注意が必要です。

ワセリンとは何?

waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

ワセリンは低刺激化粧品です。
ですから敏感肌の方から乾燥肌までの多くの方がワセリンを愛用しています。

ワセリンの主な効果としては油分の追加。

乾燥している部分にワセリンを塗ることでワセリンのバリア(油の膜により)で水分を逃がさないようにし保湿をする目的で使用されています。

しかし、ワセリンで本当に保湿できているのでしょうか。
ベタついているだけのような気がして、本当に保湿できているのかが不安ですよね。

 

目の周りの乾燥に対してのワセリンは…

やめておいた方が良い

waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

結論から言えば保湿目的で目の周りにワセリンを塗るというのはやめておいた方が良いでしょう。

もちろん全ての方が、ワセリンを塗ってはいけないというわけではありませんが、ほとんどの方はワセリンを塗らない方が良いです。

その理由はワセリンを塗ることは、メリットよりもデメリットの方が大きいからです。

たしかにワセリンを塗ることで水分を逃がさないようにする事はできますが、それよりも悪影響の方が多いです。

詳しく解説していきますね。

 

油分は保湿成分ではない

覚えておかなければならないことはワセリンを塗ることで肌の水分量を増やしているわけではありません

ワセリンの油分により水分の蒸発を防いでいるだけ。
しかもただの油の膜なので、保水力は「化粧品」と比べ極めて低いものといえます。

根本的に目の周りの保水力が低かったり、水分量が足りていなければ、ワセリンを塗っても全く意味がないのです。

ですから「目の周りが乾燥する全ての人」に対してワセリンはオススメできません。

目の周りにワセリンを塗っても良い方は、あくまでも目の周りの保湿がしっかりとできている方のみ。

または肌のきめが細かく水分が逃げない状態にある人は問題ありません。

水分が逃げなければ皮脂の分泌が抑えられているので、ワセリンを塗ってもべたつき感がなくなるからです。

  • ワセリンでは保湿できないこと
  • べたつき感が増してしまうこと

これらの理由により、常に目の周りの乾燥を感じている方はワセリンで保湿しようとしない方が良いでしょう。

では「なぜ乾燥に対してワセリンをあまり塗らないほうがよい」のでしょうか?

 

目の周りの乾燥にワセリンはインナードライの危険性あり

インナードライという言葉をご存知でしょうか。

インナードライというのは、皮膚の外側は油分で潤っているように見えても実はその肌の内側はカラカラに乾燥しているという状態。

waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

ですからむやみやたらにワセリンを目の周りに塗ると、このインナードライという症状を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

インナードライになってもただのテカリ肌だから問題ないのではないか?と思うかもしれませんが、インナードライは見た目以上に肌にとって悪い影響があるのです。

インナードライがもたらす悪影響

敏感肌になる・・・インナードライは肌が病気の状態。病気の状態は例外なく肌が敏感になっている状態。敏感肌は化粧水や洗顔時に染みることがあります。スキンケア化粧品が使えないとなると肌の状態はさらに悪くなってしまいますし、「染みる」ことによってさらに肌にダメージを与えてしまっているのです。

バリア機能の低下・・・肌は常にバリア機能が働いているため、水分を逃さない働きや外部からの刺激から肌を守っています。しかしインナードライはターンオーバーが乱れているため、古いカサカサになった皮膚が残り続けています。古い皮膚はバリア機能が低下しているため紫外線の影響をもろに受けソバカスができたり、保水力が落ちているため乾燥肌になってしまいます。

上記でも言ったようにワセリン保湿成分ではありません。

しっかりと化粧水で水分を与えてからワセリンを塗る順番でないと目の周りの乾燥を防ぐことはできません。

ワセリンのデメリットまとめ
  • ワセリンでは目の周りは保湿できない
  • インナードライになる

 

乾燥を感じるならワセリンよりも化粧水

化粧水で本当に保湿できる?

多くの方は化粧水を塗ってもなかなか保湿できなかったため、ワセリンにいき着いたのだと思います。

なぜ化粧水で保湿できなかったのかというと、それはセラミドという成分が含まれていなかったためです。

セラミドは肌の水分の蒸発を防ぐ役割があります。

waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

ですからセラミド化粧水を使うことで、セラミドの防御膜により水分を閉じ込めることができて結果的に肌の水分量が上がるのです。

肌の内側から「水分⇒セラミド⇒ワセリン(油分)」このような順番でないと適切な保湿はできていないと言えるでしょう。

また、水分がなくてもセラミドさえあれば、もともと人間の体の内側に存在する水分を逃がさないようにする事ができるため保湿する事ができます

  • セラミドは肌の水分が逃げる部分を綺麗に埋めることができるもの。
  • ワセリンはただの油。

この違いをしっかりと覚えておいてください。

ですからワセリンだけですと、インナードライの危険性を抱えるので注意が必要です。

ワセリンはセラミドより保水力が弱く水分を逃しやすいのでインナードライの危険性があるということ。

関連記事>>>化粧水・美容液・乳液・クリームの違いと役割!塗る順番を極めよう

 

化粧水がおすすめの理由

油分はある程度顔に必要。
ですが、油分が過剰な量になってしまった場合、肌トラブルの原因なってしまいます。

ですから油分たっぷりのワセリンは、インナードライをはじめとする様々な肌トラブルの元凶となってしまうのです。

その点、化粧水に関してはほとんど水分でできているため、余計な肌トラブルを引き起こす心配がありません。

ただし、セラミドが入ってないと全く保湿できないのでセラミド化粧水を使用する事がおすすめ。

さきほども言ったようにセラミドは水分を防御する成分。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分とは全く異なるものです。

肌の水分量を上げるには、油分の追加するでもなく、保湿成分を追加するのでもなく、水分を守るためのセラミドが必要という事を覚えておきましょう。

セラミド化粧水は肌トラブルの原因を作らずに保湿する事ができる。

関連記事>>>目の下の乾燥しわを改善するならコレ!目元乾燥を治す方法あります

 

ワセリンよりもオススメ!目の周りの乾燥ならライースリペアかヒフミド

目の周りの乾燥対策としておすすめできる化粧水はライースリペアかヒフミドのみです。

ライースリペア
waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

ライースリペアのメリットはライスパワーNo.11という日本で唯一乾燥肌を改善できる成分が含まれているので目の周りの乾燥を根本的に改善することができます。
ただし、乾燥肌を改善するまでに1~2週間かかってしまうというデメリット。

waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

ライースリペアは夜のケアにおすすめと言えます。

 

 

ヒフミド
waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

ヒフミドのメリットは一番保水力が高い人型セラミドを配合しているので瞬時に目の周りを保水することができます。

waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

デメリットとしてヒト型セラミドを足した場合、シャワーを浴びると流れてしまうことです。
しかし、瞬間保水力がに非常に優れているためメイク前の土台作りや日中の使用に向いています

 

 

ワセリンを目の周りに塗るくらいなら上記2つの化粧水の使用がおすすめ。

間違ってもワセリンを目の周りに使用しないでくださいね。

 

30代以降なら化粧水よりも目元クリームがおすすめ!

目元クリームって油分が多いけど大丈夫なの?

目元クリームもワセリンのように油分たっぷりですが、実はワセリンほど油は含まれていません。

そしてセラミドが入っている目元クリームならばしっかりと保湿できるため、インナードライの危険性もなくなります。

目元クリームに含まれているセラミドが水分の蒸発を防ぎ、結果的に目の周りの水分量を上げることができます。

セラミドによって目の周りの水分量が増えた後、クリームの油分がさらに水分を強固に保ってくれるので目元の乾燥を防ぐことができるのです。

また、クリームは豊富な美容成分を含んでいることも特徴。

どうでしょう?
ワセリンよりもアイクリームのほうが良いですよね?

特に30代以降は目元の美容成分が失われていく年齢。

目元クリームはセラミドで高い保湿力を持ちながら、たくさんの美容成分を含んでいるため、乾燥対策だけではなく「目の下の色素沈着(茶クマ)の改善」や「黒クマや目袋を消す」ことも可能です。

これがワセリンですとセラミドが入っていないため、インナードライの可能性になってしまうので注意してください。

セラミドの肌の隙間を埋める能力は完璧ですが、ワセリンの油の壁は100%水分を逃がさないわけではありません。
ですからセラミドを蓄えた後に油分という順番を守らなければならないのです。

 

目の周りの乾燥ならワセリンよりメモリッチ

waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!
  • 目の周りに油分を与えたい!
  • ワセリンの代わりが欲しい!

というのであればメモリッチがおすすめ。

メモリッチはワセリンほど多くの油分を含んでいないので、不自然で無意味なテカリを発生させません。
また、セラミド配合なので保湿も完ぺき。

「セラミド」と「適度な油分」で30代以降にありがちなカサカサの目の周りを完全に保護。

また、ビタミンC誘導体により茶クマをケア、アイキシルによりたるみを改善など、年齢とともに現れる様々な症状を解消。

油分しか含んでいないワセリンを目の周りに塗るくらいなら、絶対にメモリッチがおすすめ。

返金保証もあります。

 

 

 

ワセリンはただの油膜。「元栓」を閉めないと乾燥し続ける!

waserin3 目の周りの乾燥にワセリンは意味がない!ワセリンを使うぐらいならこっち!

目の周りの乾燥にワセリンのみを塗ることは、インナードライな危険性があるのでやめておいた方が良いという事でしたね。

保湿の順番としては

  1. 水分
  2. セラミド
  3. ワセリン

このような順番を守らなければいけないということでした。

セラミドの効果をおさらいしておくと、セラミドは肌の隙間を埋めることができるので水分を逃がさないようにする事ができます。
その点ワセリンは、完璧なバリアではないのでセラミドの補助的な効果しかないということでしたね。

ですから何よりまずはセラミドが乾燥を防ぐのに一番効果的。

セラミドで水分が逃げだす元栓を閉めておきましょう!

以下ではあなたの目的に合ったページを用意しておくので併せてお読みください。

RELATED POST
no image スキンケア

目の下の色素沈着の原因は?これで目元の茶クマの原因がわかる!

8月 22, 2019
目の下の色素沈着を簡単に改善!茶クマはだれでも簡単に消すことができる!
目の下に色素が沈着してしまう原因を知りましょう。 この原因を知ることによりあなたは目の下の茶クマを効果的に治していけるようになります。  …
no image スキンケア

目元シートの効果はヒアルロン酸の針で決まる!最も優秀な目元シートはコレ

8月 18, 2019
目の下の色素沈着を簡単に改善!茶クマはだれでも簡単に消すことができる!
目の下のたるみや目袋に効果的な目元シート。 目元シートはとても即効性に優れているので、急遽目の下のしわをピンと伸ばしたいという方におす …