スキンケア

目の下の色素沈着の原因は?これで目元の茶クマの原因がわかる!

目の下に色素が沈着してしまう原因を知りましょう。
この原因を知ることによりあなたは目の下の茶クマを効果的に治していけるようになります。

なぜ私たちの目の下には色素が沈着して茶クマのようになってしまうのでしょうか。

まずは茶クマを知ろう!

茶クマというのは、目の下に色素が沈着してしまった状態です。
その通り目の下が茶色っぽくなっている事から茶クマと呼ばれています。

ですが目のクマにもいろいろと種類があるのでクマの種類を間違えてはいけません。

自分が茶クマかどうかを判断するにはとても簡単な方法があります。

それは目の下の皮膚を引っ張ることで茶クマかどうかを判断する事ができるのです。
目の下の皮膚を引っ張ると茶色も一緒に動くようであれば茶クマ。

「なぜ皮膚を引っ張って茶色も一緒に動くと茶クマなのか」というと、皮膚そのものに色素がついているため引っ張ると皮膚と同様に動くのです。

目の下の皮膚を引っ張り「影」がなくなるようであればそれは黒クマという症状。

また、青白っぽさが目立つようになるのであれば血行不良による青クマという症状です。

目の下の色素沈着の種類2つ

一次性色素沈着

目の下の色素沈着には2種類あります。
その1つ目が一次性色素沈着。

一次性色素沈着というのはその名の通り色素沈着が一時的に起きるもの。

たとえばどういう時に一次性色素沈着が起きるのかというと、けがが治った後のかさぶたが剥がれた時。
かさぶたが剥がれた後きれいに肌色に治っている事もありますが、茶色く色が残っている事もあります。
これが一次性色素沈着。
あくまでも一時的なものなので時間がたてばこの色素沈着は取れることが特徴です。

慢性色素沈着

慢性色素沈着は継続的な刺激を与えることにより、肌に色素が染みついてしまうことが原因。

ですから非常にこの色素沈着は厄介で、それにくいという事が特徴です。

特にアトピーなどの症状をお持ちの方は継続的な刺激を与えてしまうため、慢性色素沈着になりやすい傾向があります。

かゆみを伴うため書いて刺激を与えることで、首や目元など茶色くなってしまうのは、この慢性色素沈着が原因だったのです。

また、アトピーとは別に、現代では茶クマという目の下に色素が沈着してしまうのもこの慢性色素沈着。
多くの方はこの茶クマに悩まされています。

アトピーの方はかゆみが伴うためなかなかかきむしるのやめられないかもしれませんが、茶クマの場合は比較的簡単に治すことができるので、以下の解説をしっかりと読んでください。

なぜ茶クマ(慢性色素沈着)になってしまう方は以下で原因を解説しています。

目の下に色素が沈着(茶クマができる)メカニズム

目の下に色素が沈着してしまうメカニズムはメラニンの生成によるものです。
メラニンはご存知の方もいると思いますが、シミやソバカスの原因。

簡単に言えば目の下にシミができてしまうとそれを茶クマと呼ぶのです。

メラニンが生成される原因としては上記でも言いましたが刺激が原因。

アトピーでかきむしるのも刺激ですよね。
この刺激によりメラニンが生成されてしまうのです

なぜ刺激によりメラニンが生成されてしまうのかというとそれは防御反応によるもの。

刺激を受けると肌を防御しなければならないと指令がくだり、メラニンの生成させてしまいます。
メラニンは茶色の色素を持っているので、これにより色素が沈着してしまうという流れです。

つまり「防御反応=メラニン=色素沈着」

このように解釈する事ができるんです。

体は良かれと思ってメラニンの生成してくれます。
もちろんメラニンは刺激を防御してくれるので必要なものなのですが、色素が沈着してしまうという点では非常に厄介ですよね。

目の下に色素が沈着してしまう原因

ニキビ

ニキビ跡も色素が沈着してしまう原因です。
一時的なニキビによる色素沈着は一次性色素沈着なので、時間がたてばすぐに治ります。
しかし、慢性的なニキビを抱えている場合、それは慢性色素沈着に変化してしまうので治りづらくなってしまう可能性もあります。

または、ニキビは活性酸素と言って老化物質を作ってしまう原因です。
この老化物質から肌を守ろうとメラニンが生成されてしまうのも色素沈着の原因。

日光の紫外線

日光はシミやソバカス(色素沈着)の原因という事はご存知のはず。

日光でシミやソバカスができてしまう原因は紫外線から肌を守ろうとメラニンが生成されるからです。

よく太陽の光を浴びる方は目の下に茶クマができやすい傾向があります。

外に出る方は日焼け止めを塗ることも大切です。
また、日傘を使うなど UV 対策を怠らないようにすると色素沈着がひどくなりません。

曇りの天気でも UV は出ているので日焼け止めは欠かさないようにしましょう。

日焼け止めを塗らなくともファンデーションに日焼けどめの成分が入っているものもあるので、そのようなコスメに変更するのも良いですね。

目の下をこする

無意識に目の下をこする癖はありませんか?
目の下に摩擦を与えるとその刺激からメラニンが作られ茶クマができてしまう原因となります。

  • 眠たい時
  • くせ
  • 緊張している時
  • コンタクトレンズを使用している方
  • 目が乾きやすい方

上記に該当する方は目の下をこする癖があるかもしれません。

メイクや洗顔により

目元のメイクを毎日継続的に行うとその刺激から目の下に色素が沈着してしまいます。
また顔をきれいにする洗顔でさえ刺激が加わるため、目の下に色素が沈着してしまう原因となるのです。

茶クマ(目元の色素沈着)を隠すのはやめよう!
多くの方は目の下に色素が沈着してしまうとコンシーラーで隠して通勤・通学している方がほとんどだと思います。

茶クマができているととてもくたびれて見えてしまいますからね。
隠すのは当然だと思います。

しかしこの行為は茶クマをひどくさせてしまう原因なので、今すぐに辞めなければなりません。

コンシーラーを使う刺激により、さらに目の下に色素が沈着してしまいます。
継続的な刺激や目の下に加わることで慢性色素沈着に変化し茶クマな取れづらくなってしまうので注意が必要です。

  • 茶クマができる
  • コンシーラーで隠す
  • 慢性色素沈着化する
  • さらにコンシーラーで濃く隠す
  • 色素沈着がさらに悪化

このような悪循環に陥り、多くの方はこの頑固な慢性色素沈着に悩まされています。

茶クマをコンシーラーで隠すのではなく、茶クマ(色素沈着)を改善していく方法を取らなければなりません。
色素沈着を改善する方法については以下で解説しています。

茶クマを改善する方法

茶クマを改善する方法はただ1つです。

目の下のターンオーバーを正常化し、新しい皮膚を育てることです。

皮膚に一旦色素が沈着してしまうともう戻りません。

ではなぜ色素沈着が治るときと治らない時があるのでしょうか。
私たちの体はターンオーバーと言って約28日周期で皮膚が新しく生まれ変わっています。

これにより色素が沈着している皮膚は垢となって排出されているので綺麗な皮膚に生まれ変わることができるのです

しかし、継続的に刺激を与えることで目の下が綺麗な色になったとしても、再び色素が沈着してしまうこともあります。
また、ターンオーバーの乱れによりなかなか新しい皮膚が育ってこずに垢となって排出されないということも色素沈着が改善しない原因です。

裏を返せば、継続的な刺激に気をつけてターンオーバーを正常化する事で簡単に茶クマを改善する事ができるのです。

ここで覚えておかなければならないのは茶クマな治らなかったのはターンオーバーが乱れて皮膚が生まれ変わってこなかったからということです。

では、ターンオーバーを正常化するにはどのようにしていけばよいのでしょうか。

規則正しい生活や睡眠、食生活の改善、保湿などケアを気をつけることでターンオーバーを正常化する事ができますが、忙しい方は生活が不規則になってしまったりするのでなかなか改善する事ができませんよね。

そこでビタミン C 誘導体が入っている目元専用のクリームを使ってください。
目元専用に作られているクリームは、特殊な構造である目元の皮膚に美容成分を効率よく浸透させることができます。

また、ビタミン C 誘導体は乱れているターンオーバーの正常化を促すことができるので茶クマを改善する事ができるのです。

ではどのような目元クリームを使っていけばよいのでしょうか
次のページでは目の下の色素沈着を改善する方法や使うべき目元クリームについて解説していますので、以下から次のページへお進みください。

次のページ>>>目の下の色素沈着を簡単に改善!茶クマはだれでも簡単に消すことができる!

RELATED POST
no image スキンケア

ライースリペアの口コミと評判まとめ!実際に購入して効果を実感した話

8月 22, 2019
目の下の色素沈着を簡単に改善!茶クマはだれでも簡単に消すことができる!
セラミドを増やすための化粧品として有名なライースリペア。 そのライースリペアの口コミは一体どのようなもので、世間の評判はどのようなもの …
no image スキンケア

目の下の乾燥しわを改善するならコレ!目元乾燥を治す方法あります

8月 18, 2019
目の下の色素沈着を簡単に改善!茶クマはだれでも簡単に消すことができる!
目の周りの乾燥だけならまだしも、それが度を過ぎると乾燥しわになってしまいますよね。 いつも目の下がパリパリでとても老けて見えてしまう乾 …