スキンケア

化粧水・美容液・乳液・クリームの違いと役割!塗る順番を極めよう

何となくで毎日の美容ケアをしていませんか?
実は乳液や化粧水、美容液にはそれぞれ役割が違い、さらには塗る順番があるのです。

適当に塗っていても効果がないわけではありませんがせっかくなら最大で2匹がしたいですよね。
そこで本記事では化粧水や美容液などの役割の違い、そして適切な塗る順番について解説しています。

それぞれのアイテムごとの役割

化粧水の役割

化粧水の主な役割は肌に水分を追加する事。

そのため化粧水には油分など様々な成分は含まれていません。
ほとんどが水分でできている事が特徴です。

ちなみに、ただの化粧水ではほとんど保湿効果はありません。
意外ですよね。

さきほど化粧水はほとんど水分でできていると言いました。
ですから化粧水を使用するだけではただ水道水をつけているのと同じことなのです。

化粧水ということで保湿できている気もしますが、実は全く意味がありません。
化粧水で保湿するにはセラミドという成分が必要です。

セラミドは肌にフタをする役割があります。
ですから水分を逃がさないようにできるのです。
「化粧水の水分+セラミドのフタ」これによりや初めて水分を肌に蓄えることができます。

ですからセラミド化粧水以外の化粧水はほとんど意味がないということを覚えておきましょう。

ただ気持ちが良いだけの水です。

  • 化粧水の役割は主に保湿
  • セラミドが入っていないと保湿はできない。

 

美容液の役割

さきほどの化粧水は水分を与えることが目的でしたが、美容液は美容成分を与えることを目的としたアイテム。

美容液というのは美容成分を含んでいるものの総称で、様々なものがあります。

  • 美白美容液
  • プラセンタ美容液
  • 保湿美容液

などなど、それぞれ美容液によって含まれている成分は違います。

肌を保湿するという事は美肌にとって必須。
水分があれば肌にバリアがあり、朝には化粧ノリも良くなるので水分は必要です。
つまりセラミド化粧水は必須。

しかし美容液というのはあくまでも補助的な役割なので絶対に必要というわけではありません。

保湿に+αするために使用するという感覚です。

日焼けしたくない方いやそばかすを作りたくない方はセラミド化粧水に加え美白美容液を使うというように自分に合った美容ケアをしていきましょう。

乳液の役割

乳液は油分の多いアイテム。

油分が果たす役割としては、水分や美容液のフタをすることです。

ですから、セラミド化粧水を塗って保湿した後に乳液うねりさらにバリアするという方法で完璧に保湿する事ができます。
また、美容成分を逃さないように、乳液でフタをするという使い方もありますね。

しかし乳液を使う際は、注意点があります。

乳液は非常に油分が多いアイテム。
人間は皮脂を分泌しているので、皮脂があるにもかかわらず乳液を塗るのは過剰油分になってしまう可能性があります。

ですから乳液を使う年齢としては30代以降、もしくは40代以降の皮脂の分泌が少なくなってからにしましょう。

20代は乳液を使う必要はあまりありません。
20代であれば皮脂の分泌量は正常です。
洗顔後に保湿化粧水を使えば、その後は皮脂が分泌されて来るので、乳液の替わりを果たしてくれるからです。

クリームの役割

クリームは乳液と美容液の中間的な役割があります。

つまり、美容成分と油分の多いアイテムとなります。

ですから乳液とクリームを同時に使うことはあまりありません。
クリームを使う方はクリームのみで OK 。

ただしクリームも油分が多いので、ご自身の皮脂の分泌量確認しながら使ってください。

皮脂の分泌が正常に働いている時にクリームを塗ると、べたつきの原因となります。

そのような時は化粧水+美容液のみで OK 。

化粧品を塗る順番

1.化粧水で保湿

まず何より一番初めに塗るのは化粧水。
一番良いのは洗顔後に余計な皮脂を落としてからが化粧水が一番なじみやすいです。
その理由は、化粧水は主に水分でできているので、皮脂がはじいてしまうからです。

洗顔後に余計な皮脂を落としてからセラミド化粧水を塗って保湿しましょう。

  • 美容液を使わない方
  • 皮脂の分泌が正常で乳液を使わない方

はたったのこれだけでほとんどのケアを終わらせることができます。

美容液や乳液を使用する方は以下で解説しています。

2.美容液

化粧水で水分を肌に含ませ土台を作ることができたら次は美容液を塗っていきます。
美容液は必須ではありませんが自分に足りないものを追加する目的で使いましょう。
日焼けが嫌なら美白美容液、弾力が足りないならプラセンタ美容液など各々足りないものを化粧水のあとに使用します。

3.乳液

化粧水を塗り美容液で自分に足りないものを補ったらその成分を効率よく浸透させるために乳液でフタをしていきます。
しかし20代や30代の皮脂の分泌が正常な方は、乳液を使う必要がありません。
乳液を使うと皮脂と乳液の油でベタベタになってしまうどころか、油分が多くなってしまい様々な肌トラブルを引き起こす原因になってしまうからです。

4.クリームを塗るタイミング

さて、ではクリームはいつ使うべきなのでしょうか。
クリームを使うべき人は以下の項目に該当する方

皮脂の分泌が少なく、かつ、美容液と乳液を使用しない方
目元クリームを使用する方
時短目的の方

このような方かクリームを使うべきです。
その中でも目元クリームは、少し特殊。

というのも目元は非常に乾燥しやすい部分。
20代といえど目元は皮脂の分泌が誰でも少ないので乾燥しやすい部分なのです。

ですから、化粧水だけでは目元をしっかりと保湿できない可能性があります。
そのような時にはクリームがおすすめです。

水分の少ない目元にクリームを塗ってあげるだけで水分が逃げないようになり目元も保湿できるようになります。
ですから目元は乾燥がちな方は、化粧水や乳液以外にも目元クリームを持っておくべきです。

関連記事>>>目の周りの乾燥を防ぐクリームはこう選ぶ!成分ギッシリのおすすめのクリームとは

また、目元クリームに関しては全ての方が塗る方が良いと言っても過言ではありません。
というのも、目元は非常にデリケートな部分で、特に多くの女性はクマに悩まされています。

クマは美容液や乳液で改善する事はできません。
デリケートな目元に対応している。目の下専用のクリームでないと改善する事はできないのです。
そこで開発されたのが目元クリーム。

目元クリームであれば黒クマ青クマ茶クマ全てを改善する事ができるので、美容クリームではなく目元クリームに関しては誰でも持っておく必要があります。

美容クリームは必要ではありませんが目元クリームは特殊なので誰でも持っておくべきアイテム

関連記事

あなたはどのタイプ?塗る順番と使うアイテムの例

皮脂の分泌は正常、特に肌トラブルもなし。

このタイプの方は、洗顔後にセラミド化粧水を使うだけで OK 。
万能な皮脂がバリアをしてくれ、さらにセラミド化粧水のセラミドもバリアをしてくれるからです。

シミソバカスが気になるのであれば美白美容液を別途使うと良いでしょう。
また日焼けしないように日焼け止めを塗るのも良いですね。

健康な肌状態であれば保湿するだけで余計なケアはいりません。
逆に、このタイプの方が乳液を使ってしまうと余分な油分を追加してしまうことで肌トラブルの原因にもなりかねません。

肌はカサカサたるみも気になる40代

このような方や使うべきアイテムはセラミド化粧水と乳液です。
40代のカサカサ肌の場合は、水分がないことに加え、皮脂の分泌も低下して来ています。
ですからセラミド化粧水で水分+セラミドを与え乳液で油のバリアをするようにします。

また、根本的に乾燥肌を改善していくのであればライスパワーNo.11を含んでいる化粧品を使用すると良いでしょう。
ライスパワーNo.11は日本で唯一乾燥肌を改善できると認められている有効成分。
このライスパワーNo.11を使うことで乾燥肌も改善する事ができるのです。

関連記事>>>目の下の乾燥しわを改善するならコレ!目元乾燥を治す方法あります

乾燥もするし皮脂の分泌も少ない気でケアが面倒くさい

このような方は、オールインワンタイプの乳液を使うと良いでしょう。
オールインワンタイプの乳液は保湿も美容もバリアも全て行うことができるからです。

そんな時はライスビギンというアイテムがおすすめです。
ライスビギンはライスパワーNo.11を含んでいるのでセラミドは肌に増やすことができます。
それだけではなく、乾燥しわにも効果的と紺野が評価されているので美容ケアが面倒くさいという方におすすめ。
オールインワンタイプの美容品を使うならライスビギンがメチャクチャ簡単です。

まとめ

今まで適当に行っていた美容ケアにも塗る順番やそれぞれの化粧品の役割があるという事がを分りいただけたでしょうか。

役割や塗る順番を覚えておくだけで、そのアイテムの効果を最大限に引き出すことができます。

できる限りアイテムの塗る順番を守り、最高のポテンシャルを引き出してあげてくださいね。

そうすると美容効果も格段に上がるはずです。

RELATED POST
no image スキンケア

黒クマや目袋を消すクリームおすすめランキング!そのクリームじゃダメなんです

8月 19, 2019
目の下の色素沈着を簡単に改善!茶クマはだれでも簡単に消すことができる!
本記事では目の下にできる黒い影(黒クマ)や脂肪のふくらみによる目袋を消すクリームを紹介しています。 あなたのその使っている目元クリーム …
no image スキンケア

目の周りの乾燥を防ぐクリームはこう選ぶ!成分ギッシリのおすすめのクリームとは

8月 17, 2019
目の下の色素沈着を簡単に改善!茶クマはだれでも簡単に消すことができる!
目の周りの乾燥ってすごく気になりますよね。 逆に目の周りの乾燥が気にならないという方の方が少ないくらい。 目の回りの乾燥により皮 …
no image スキンケア

化粧水を冷蔵庫で冷やすのは効果があるのか?メリットデメリットを解説

8月 20, 2019
目の下の色素沈着を簡単に改善!茶クマはだれでも簡単に消すことができる!
化粧水を冷蔵庫で冷やすと毛穴がキュッと引き締まって効果が倍増するなんていう事を聞いたことがあるかもしれません。 でもそれって本当なんで …