出版書籍紹介:教育と文化

教育と文化73号

教育と文化73号表紙.jpg
特集Ⅰ:いじめ―いま、おとながすべきこと
特集Ⅱ:憲法と教育のだいじなはなし
体裁:A5版128ページ
定価:1050円(消費税込み)
問い合わせ:アドバンテージサーバー
こちらのリンクから注文できます。

巻頭言 「子どもの心に寄り添うこと」
     ―「個人の尊厳」に基づく教育へ              加藤 良輔

特集Ⅰ いじめ―いま、おとながすべきこと                                 特集担当 桜井 智恵子

総論1 逃げ場のある社会                       橋本 治

総論2 いじめ防止対策推進法の問題点と課題          荒牧 重人

各論1 いじめのない学校って、ありえるか             迫川 緑

各論2 市町村でできる
    子どものいじめへの対応とその質              浜田 進士

事例1 いじめのその後に向きあって                山下 耕平

事例2 「子ども参加による学校づくり」で
    学校社会を変える                       伊藤 義明

事例3 いじめと責任
    ―親の気持ち、学校への思い                山口 暁生

【資料】いじめ防止対策推進法

特集Ⅱ 憲法と教育のだいじなはなし 
               特集担当  石井小夜子     

総論 永井憲一さんインタビュー
   今こそ「日本国憲法」 なのだ!

各論 憲法改正と教育の危機                   石川 多加子

事例 生徒に語る「日本国憲法」                  遠藤 丞

ブックガイド もっと知りたい!憲法                石井小夜子


教育理論講座 
そこで人びとは文学を必要とした                  柳沢 文昭 

私の本棚  
『ながお先生と考える 学校安全 36のナラティブ』       堀井 雅道

『中国の市民社会―動き出す草の根NGO』             長瀬 修

         

2013年10月25日