出版書籍紹介:教育と文化

教育と文化71号

教育と文化71号.jpg
特集:どうなる? 高校・大学教育改革
体裁:A5版128ページ
定価:1050円(消費税込み)
問い合わせ:アドバンテージサーバー
こちらのリンクから注文できます。

巻頭言  総括なき「改革」をいつまで続けるのか       藤井睦弘

特集   どうなる? 高校・大学教育改革

総論1  大学教育改革の方向と問題              市川昭午

総論2  高校教育改革再考
     ―時代と向き合うためのささやかな座標軸      
                                    菊地栄治

各論1  田奈高校の労働法教育
     ―生徒のアルバイト経験をふまえて―
                                    吉田美穂

各論2  変容する定時制・通信制
     神奈川県立高校の現場から             井上恭弘

事例1  「高校再編関係市町村長かごしま県連絡会」のとりくみについて
                                   吉竹資英

事例2  ヨーロッパの大学改革                 福田誠治

教育理論講座 日本の危機と教育の課題          正村公宏

第43回公開講座「インクルーシブ教育の原点を考えよう!」より
なぜインクルーシブ教育なのか?
―カナダの事例を通して
                                ノーマン・クンツ

私の本棚
『社会人の生き方』                        嶺井正也

『アメリカの労働社会を読む事典』               高須裕彦

『沈黙する人権』                       阿久澤麻理子

『「橋本現象」徹底検証―さらば、虚構のトリック・スター』
                                   田口康明

『近代東京の私立学校―上京と立身出世の社会史』
                                   平井秀幸

【資料】
長年の懸案=社会権規約一三条二(b)及び(c)の留保撤回
                                   嶺井正也

2013年4月24日