出版書籍紹介:ブックレット

公教育にしのびよる私営化

ei.jpg

著者:スティーブン・ボール デボラ・ヨーデル
訳者:福田誠治 杉田かおり 吉田重和
体裁:A5判150ページ
定価:800円(税抜き)
問い合わせ:アドバンテージサーバー
こちらのリンクから注文できます。

目次
要旨
はじめに
(1)本報告書の概要
(2)本報告書の背景
(3)本報告書の意義
(4)本報告書の範囲

Ⅰ 公教育における私営化と公教育の私営化の諸形態
 1.事務的あるいは企業的になる学校-「内からの」私営化
  (1)擬似市場
  (2)管理者と新公共管理(NPM)
    -公的セクターをより事務的にする
  (3)成績管理、説明責任、成績に応じた給与

 2.学校への民間セクターの参入-「内からの」私営化
  (1)私的な利益を求める公教育
  (2)民間セクターの教育提供-サービスの外部委託
  (3)民間セクターの教育提供-学校の外部委託
  (4)公私共同
  (5)公教育における国際資本
  (6)商業主義化、あるいはコカ・コーラ化
  (7)慈善、助成、援助

Ⅱ 私営化のグローバルなパターン
  (1)グローバルな私営化-意図的な拡大と意図せぬ漂流
 
Ⅲ 私営化の文脈
  (1)先進工業国における私営化
  (2)その他の地域における私営化

Ⅳ 発展途上国における教育の私営化
  (1)グローバリゼーションの影響と衝撃
  (2)発展途上国の教育に根付く外からの私営化
   ①「ミレニアム開発目標」
   ②「すべての人に教育を」
   ③「ワールドバンク行動計画」
  (3)発展途上国における受益者負担をなくせるのか
  (4)発展途上国における内からの私営化の傾向
  (5)教育における情報技術-発展途上国をめぐる争いか、
    それとも発展途上国のための争いか?
  (6)発展途上国における教員
  (7)発展途上国における市場の規制

Ⅴ 国家の再構築
  (1)福祉サービスの再構築
  (2)新たな公共サービスのパラダイム

Ⅵ 私営化の促進
  (1)支持者たち
  (2)超国家的な促進

Ⅶ 私営化の衝撃
  (1)擬似市場の衝撃
  (2)新公共管理と成績管理の衝撃
  (3)生徒の学力の上昇
  (4)教員アイデンティティの私営化
  (5)私営化とアイデンティティの変質
   ①校長から管理者へ
   ②教員から技師へ
   ③生徒から出力された資産あるいは負債へ
  (6)私営化と教育の不平等
  (7)労使関係と教員の仕事の変質
  (8)新たな道徳環境としての私営化
  (9)公共財から民間商品への教育の変質

Ⅷ 私営化政策

Ⅸ 結論
Ⅹ 提言
文献一覧
付録1 調査について

訳者解説


2009年7月21日